glass Cleaner

ベランダの防水工事

防水の下地の施工

日本の建築基準法ではベランダの部分は建蔽率にカウントされないことになっています。したがって最近では家を建築する際には必ずベランダを設置することが多くなっています。ベランダがあると洗濯物を干すのに便利です。以前はベランダが無かったので洗濯物を干すのに苦労をしたものです。ベランダは雨が降ると水たまりが出来るので防水工事をする必要があります。防水工事を行う前にコンクリートで床を作りますが、左官で押える時に傾斜を設ける必要があります。傾斜をすることによって雨水の滞留を防ぐことが出来ます。防水の下地としてはシートを貼ってその上に防水工事を行うことになります。工事をする際にはシートにキズつけないように注意しなければなりません。

ベランダの活用

ベランダがあるといろいろなことに活用できます。ベランダが広い場合には物置として利用することも出来ます。普段使わないものを置いてシートをかぶせておけば室内のスペースを取らないで済みます。ベランダにプランターを置いて季節の草花を楽しむことも出来ます。ベランダに置いておいても必要に応じて水をあげなければ枯れてしまいますので注意が必要です。建物の構造によってはベランダが避難場所としての役割を求められることがありますので、その場合には避難通路を妨げるようなことは出来ませんから注意が必要です。床の部分も立ち上がりの部分も経年変化で劣化する場合がありますので、定期的に点検をして必要に応じて手入れをする必要があります。